読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Spica*

プログラミングの話。

Cent OS 7 で Minecraft Overviewer使ってみた

minecraft centos

Minecraft Overviewerとは、MinecraftのワールドをGoogleMapっぽく、ブラウザで表示できるようにするためのものです。マインクラフトをGoogleマップっぽく表示できるツール「The Minecraft Overviewer」 - GIGAZINEで知った。Gigazineよりも前の記事あるし、結構前からあったんですね。

結果として静的ファイルが出来上がるのも特徴。出来上がったフォルダの中に、index.htmlがあり、それをブラウザで開けば表示される感じ。もちろん、FTPでサーバにアップロードしてみんなで見ることもできます!

こんな感じ

f:id:esperia:20160201211732p:plain

上記は、The Lord of The Ringsのローハン。これは超デカイマップなので、ビルドには1時間、サイズは2.2GBになったけど、通常マップでは数分でおわるます。

使い方

Installing — Overviewer 0.11 documentationにインストールあります。

# 1. overviewer.repoをダウンロード
$ sudo wget -O /etc/yum.repos.d/overviewer.repo http://overviewer.org/rpms/overviewer.repo

# 2. 編集して書き換え
$ sudo vim /etc/yum.repos.d/overviewer.repo

baseurl=http://overviewer.org/rpms/$releasever/$basearchbaseurl=http://overviewer.org/rpms/latest/$basearch

# 3. Minecraft Overviewer インストール
$ yum install Minecraft-Overviewer

1.ですが、公式ページではwget でダウンロードしてます。ただ僕はcurl派なので、sudo curl -o /etc/yum.repos.d/overviewer.repo -L http://overviewer.org/rpms/overviewer.repoで入れました。

2.では、ファイル内の$releaseverlatestに書き換えてます。これはCentOS 7に正式に対応してなくて、入らないからです。 Minecraft Overviewerのrpm一覧に、7が出てきたらここを書き換える必要はないと思いますが、公式のIssue #1204みた感じ対応するつもりない気もしますね。。

configファイルを書く

ビルドする際、ビルドに関する設定ファイルを指定するんですが、まずはそのファイルを作ります。

最初はThe Configuration File — Overviewer 0.11 documentationを見て作成するのが良さそうということで、今回は下記で作りました。

worlds["Rohan"] = "/home/user/Dev/minecraft/overviewer/Rohan_Divici/Rohan"

renders["normalrender"] = {
  "world": "Rohan",
  "title": "The Lord of The Rings - Rohan",
}

texturepath = "/home/user/Dev/minecraft/textures/1.8.9.jar"
outputdir = "/home/user/Dev/minecraft/overviewer/rohan"

worlds["Rohan"]では、ワールドの場所を指定します。worldsの添字部分に指定した文字列(今回はRohan)と、rendersworldに指定した文字列は合わせましょう。

texturepathは、クライアント側にインストールしているマイクラ本体のjarを指定します。それぞれおそらく下記のパスにあると思います。

  • Macだと、/Users/myuser/Library/Application\ Support/minecraft/versions/1.8.9.jar
  • WindowsだとC:\Users\myuser\AppData\Roaming\.minecraft\versions\1.8.9.jar

outputdirは、ビルドした結果を保存する場所です。

ビルド開始

overviewer.pyというコマンドが使えるようになっています。下記でビルド開始しましょう!

overviewer.py --config=/home/user/Dev/minecraft/overviewer/config

カップラーメンが湧く頃には、みなさんの素敵なワールドが一望できるようになってることでしょう!